ALPS 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) ガイドライン

セクション

予防接種の必要性

ALPS で対面授業を受けるには、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のワクチン接種を受ける必要があります。

クラスの最初の週が終了する前に、ALPS スタッフにワクチン接種の証明書を提示する必要があります。 ALPS は、あらゆる言語でのワクチン接種のデジタルまたは紙の証明書を受け入れます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンはシアトルで広く入手可能です。

これは、少なくとも次のものが必要であることを意味します。

  • ファイザーまたはモデルナワクチンなどの2回投与シリーズの2回投与、または
  • Johnson&JohnsonのJanssenワクチンなどの単回接種ワクチンの1回接種

 

新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるのに最も近い場所は、ALPS の向かい側にあります。 ブロードウェイ マーケット QFC 薬局.

ワクチン接種を受ける場所を見つけるのに助けが必要な場合は、ALPSのスタッフに相談してください。

まだワクチン接種を受けていない場合、対面クラスに参加するには、すぐにワクチン接種のプロセスを開始する必要があります。クラスの 2 週目を開始する前に、ワクチン接種プロセスを開始したことを証明する ALPS スタッフを提示する必要があります。クラスの 2 週目の月曜日までにワクチン接種プロセスを開始しない場合は、最初のワクチン接種を受けるまで対面クラスに参加することができません。

ALPS での 3 回目のセッションの初日までに、ワクチン接種を完了した (つまり、2 回接種シリーズの 2 回目の接種を受けた) という証拠を提出する必要があります。

ブースターショット

追加接種を受ける資格がある場合は、追加接種を受けることを強くお勧めします。

追加接種を受ける資格があるかどうかについての詳細情報を確認できます ここに.

シアトルではブースターショットが広く入手可能です。追加接種を受ける場所を見つけるのにサポートが必要な場合は、ALPS スタッフにご相談ください。

マスク

ALPSでは学生と職員のマスク着用は任意です。キング郡の新型コロナウイルス感染症コミュニティレベルが変化した場合、ALPSはマスクポリシーを再検討する可能性があります。

気分が悪くなったら

体調が悪い場合は、ALPS での対面授業を控えてください。

学校で気分が悪くなった場合は、アルプス職員に告げて帰宅してください。

次の場合は、新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。
(a) 新型コロナウイルスの症状がある、または
(b) 新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た人と濃厚接触したことがある。

シアトルでは自宅での新型コロナウイルス迅速検査が広く利用可能です。

新型コロナウイルス検査の検索や医療へのアクセスについてサポートが必要な場合は、ALPS スタッフにお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状がある場合は、新型コロナウイルス検査を受け、検査結果が出るまで対面授業を控えて自宅で過ごす必要があり、この期間に欠席した授業は補填されません。

新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことと症状が現れた日をALPSに報告する必要がある。

その他の安全上の注意事項

状況に応じて、生徒とスタッフができる限り安全な環境を確保したいと考えています。

私たちが取っている追加の安全予防策について詳しく知りたい場合は、 お問い合わせ!

最終更新日: 2023 年 9 月 15 日

jaJA

質問は?

コース、ビザ、開始日などについて、フレンドリーなALPSアドバイザーに質問してください。